<無痛分娩>無痛分娩の陣痛や副作用、水中出産や会陰切開、ドゥーラのこと

硬膜外麻酔による無痛分娩にかんして

無痛分娩

硬膜外麻酔法とは、腰椎の硬膜外腔と云うスペースに細いカテーテルを留置して、そこから局所麻酔薬や麻薬性鎮痛薬等を投与する方法だ。
現状では、硬膜外麻酔による無痛分娩は、無痛分娩の1番適切な方法として実行されている。
硬膜外麻酔は、下半身の感覚を麻痺させる事で、陣痛を低減もしくは完璧に除去してくれる。
初めに薬を投与してから約10分から20分で効果が現れ、硬膜外麻酔薬を追加投与する事で赤ちゃんが誕生するまで充分な鎮痛がキープ出きる。
つまり、硬膜外麻酔は、子宮や子宮頸部から痛みの信号が脳に伝達されるのを途中で麻痺させて、産婦さんが痛みを実感しないようにするのだ。
硬膜外麻酔に拠ってどのレベル感覚が麻痺するのかは、うまく利用された薬の濃度と量によりちがう。
硬膜外麻酔が効きスタートすると、お腹からつま先までの感覚がなくなったり鈍くなったりする。
子宮が萎縮する度に締め付けるような感覚はするものの、痛みは実感できなくなくなると云う。
殆どの女性が陣痛からは解放されるが、分娩をしている実感は賞味出きる。
分娩の最終段階では、赤ちゃんを娩出する為に、産婦さんがガッチリといきむ必要がある。
硬膜外麻酔薬により産婦の感覚が麻痺していると、いきむタイミングがつかみにくい為、この時点で薬の量を消耗させる対応をとる時もある。
他方で、硬膜外麻酔に拠って陣痛が低減したおかげで、痛みと戦いながらいきむよりも、より自然にいきむ事が出きた、と云う産婦もいるようだ。


スポンサードリンク

硬膜外麻酔による無痛分娩の手順にかんして

無痛分娩

無痛分娩の主流と為っている[硬膜外麻酔]を使用した方法の手順を講釈する。

 

1.産婦は、横向きに就寝するか座った姿勢やポーズやポーズやポーズで、背中を丸める。
2.消毒液で背中を拭き、ごく細い針で痛み止めの注射をする。
3.硬膜外麻酔のための針を刺して、先端を硬膜外腔まで(皮膚から4cm前後)進める。そしてこの針の内部を通して、カテーテルと称される細いプラスチックの管を硬膜外腔に留置し、硬膜外針は抜いてしまう。
4.カテーテルからごく少量の薬を試験投与して、カテーテルがただしい部分にある事を確認する。その際にめまいや耳鳴りがした時は、カテーテルの先が偶然血管に入った可能性がある。
5.カテーテルがズレたり抜けたりしないように、テープで固定した後は、動作する事も出きる。
6.留置したカテーテルから局所麻酔薬、もしくは麻薬性鎮痛薬を陣痛がおさまるまでちょっとずつ少しずつちょっとずつ投与する。
7.硬膜外麻酔の効果が切れかかれば硬膜外麻酔薬を追加可能にしておくのだ。この時、硬膜外麻酔薬が効くまでに、通常15分から30分レベルかかる。

 

無痛分娩をやっている間は、産婦の心拍数と血圧を継続的に測定する。
また赤ちゃんの心拍数も監視している。
同時に子宮の萎縮の頻度や強さを陣痛計を使用して観察する。
一般的には赤ちゃんが誕生して会陰の対処が完了してから硬膜外麻酔を中止する。
其の後、2時間から3時間で下半身の感覚が元にもどるだろう。
まだ鎮痛対処が必要であれば、ドクターや看護師と対話して鎮痛薬を処方してもらおう。


硬膜外麻酔による無痛分娩の副作用にかんして

硬膜外麻酔による無痛分娩の安全性は確立されているが、副作用が全くない訳でもない。
以下に、硬膜外麻酔により生じ得る副作用の講釈をする。

 

かゆみ

殊更に麻薬性鎮痛薬を脊髄くも膜下腔に用いた無痛分娩の時に頻度の高い副作用だ。
かゆくなる部位は硬膜外麻酔薬の種類に拠って多少ちがうが、かゆみは数10分から1時間位で消失する事がおおく、治療のための薬を必要としないレベルだ。
勿論必要として、かゆみ止めの薬がある時もある。

 

低血圧

硬膜外麻酔開始後に血圧低下が生じる事がある。
その時、横向きに就寝すると云った対応をとったり(子宮が血管を圧迫するのをやめるため)、昇圧剤をしようする事もある。

 

発熱

硬膜外麻酔法が長時間にわたると、産婦に38度以上の高熱がでる事がある。
しかし熱そのものに拠って赤ちゃんに異常が生じる事は稀(まれ)だ。

 

尿閉

尿が膀胱にたまり、尿意はあるのに出ない事がある。
分娩が完結すれば、ちょっとずつ少しずつ治まる。

 

吐き気

硬膜外麻酔による鎮痛法を開始して早い時期は血圧が変動しやすく、この時期に血圧が低下した時は吐き気が生じやすいと云える。
しかしながら、硬膜外麻酔をうまく利用しない出産でもよくみられる症状だ。
分娩が完結すれば、長くはつづかない為、其の後の育児に影響が及ぶ懸念もないだろう。

 

アレルギー

硬膜外麻酔薬があやまって血管内に注入されたり、量が多量になった時等に、耳鳴り、めまい、舌の痺れ(痺れ(痺れ))等が生じる。
この時、適切な対処がされれば命に別状はない。

 

また、硬膜外麻酔により重度のアレルギー反応だアナフィラキシー反応と称される異常反応が稀にみられる事がある。
かゆみを結びついた赤い斑点が皮膚に生じ、嘔吐、むくみ等を生じ、重傷な時は血圧低下や呼吸困難が生じる可能性も在り、早急な対処が必要となる。

陣痛の本当の痛みと無痛分娩の必要性にかんして

殊更に初産婦にとっては、陣痛の痛みは未知の世界で懸念も大きい事だろう。
例え、無痛分娩を熱望していたとしても、陣痛のレベルや時間の長さ等にかんして、キッチリと気付いておく事は必要だ。
キッチリと気付いておけば、分娩の際に生じうる多種多様な状況に備えられるからだ。
陣痛のレベルを医学的に定義する事は困難だし、一言で言い表す事も困難だ。
痛みの感覚や、痛む時間の長さは人各々で、また多種多様な因子に影響される。
しかしながら、妊婦を懸念させない為に、医療関係者が陣痛を軽いものだと教えるのは良くない。
陣痛の強さ、辛さ、時間の長さ等をキッチリと教えられなければ、妊婦は懸念を取り除く事が出きないばっかりが、分娩中の自身の感情を上手くコントロールする事が難しくなるだろう。
疑う余地もなく、誕生してきた赤ちゃんの顔を目にしたら、それまでの痛みがウソのように吹き飛んだと云う感情も本物だとおもう。
出産を無事にむかえた産婦からは[スゴイ痛み]であったとよく耳にするが、同時に凄い痛みは出産に欠かせない、と示しているわけだ。
これから出産をむかえる妊婦は、陣痛室、分娩室で生じる事をキッチリと気付いた上で、うまく利用可能な無痛分娩の方法の講釈を受ける必要がある。
いざ陣痛が開始した時に、どのような鎮痛方法を選択するのか、適正な決断が出きる為に、陣痛にかんしたただしい知識を所有しておくべきだろう。

無痛分娩と分娩の3段階にかんして

無痛分娩を熱望する妊婦でも、ただしい陣痛の仕組みや分娩の段階を気付いておくと云う必要がある。
出産と云うのは、その時にならないと把握出きる事が出きない事が少なくないが、流れを頭に入れておくのみで、自身の現状の状況を受け入れやすい。
分娩は3段階に分けられ、各段階での所要時間は人各々だ。
分娩第1期とは、陣痛が開始してから子宮口が全開(10cm)に成るまでの段階を云う。
分娩第1期は、3つの段階のうちで1番長時間を要し、短い人では2時間から3時間だが、長いと18時間以上かかる人もいると云う。
子宮口が開きスタートしてから3cmから4cmまでは急がず進展し、其の後、子宮口がオープンする速度が速くなっていくのだ。
分娩第1期段階と第2期段階の間には移行期が在り、この時期には子宮の萎縮が更につよくなり、間隔も短くなる為、無痛分娩等の鎮痛手段をとらない時は痛みも増大する。
段階の移行期は2分から3分の事もあれば、2時間から3時間の事もある。
この時期の産婦は体の震えや吐き気を実感する人もいる。
分娩第2期段階とは、子宮口が全開してから赤ちゃんが誕生するまでの期間だ。
ここでは、産婦は赤ちゃんを産道から出す為に、陣痛に合わせていきむのだ。
この期間は2分から3分から長くても数時間で、経産婦では短くなるのが一般的だ。
この時期の痛みの感覚は多種多様で、赤ちゃんが産道を通過する際の圧迫感や、骨盤辺りの骨に痛みを実感した、等、選択した鎮痛方法に拠っても変わってくるようだ。
分娩第3期段階とは、赤ちゃんが誕生してから胎盤がでてくるまでの期間だ。
通常は10分もかからない事が殆どで、長くても30分レベルだ。
胎盤は、生理痛ほどの軽い痛みを結びついてでてくる事が少なくないのだが、現状までの凄い陣痛の痛みとつらさから産婦が解放される時期でもある。

初めの妊娠・出産の必要性にかんして

初めの妊娠、初めの出産、現状までに経験した事のない出き事に、懸念も少なくない事だろう。
妊娠、出産のパターンは本当に人各々異なる。
それゆえ体験談を耳にしても意見がアレコレあって[結局のところ、どうなんだろう?]と、かえって懸念材料に成る事もあるだろう。
そのような時[無痛分娩]なんていう言葉を耳にすると、すごく魅力的な感覚を所有してしまったりもする。
まず初めは気に成る事があれば、担当のドクターに何でも対話する事だとおもう。
[質問しづらくて・・・・・・]と云う人もいるだろうが、ここでドクターと信用関係を作成しておけば、良い出産への道筋は出きるわけだ。
了解のいく出産をする為には、ドクターとの相性も肝心な要素の1つだ。
ドクターと相性が悪くて産院を変えた、と云う話もよく耳にする話だ。
また産院に拠って、やっている分娩方法もまちまちで、水中出産、無痛分娩等やや特殊な方法は、どの産院でも実践している訳でもない為、よく吟味しておく必要がある。
熱望すればどのような方法でも産ませてくれる、と云うのは大まちがいだ。
疑う余地もなく自身の了解出きるプランを立てて、素敵な出産をするのが理想だ。
しかしながら、医療的な内容もかかわってくる為、信用出きるドクターとよく対話した上で、自信を持って出産が出きるよう計画を立てて欲しい。

無痛分娩と陣痛の痛みにかんして

陣痛は、実に特殊な痛みだ。
それは、ケガや病気に結びつく痛みではなく、出産と云う本来は健康的で異常のない営みに結びつく痛みだからだ。
痛みの感覚は、年齢やそれまでの人生経験、文化や性別のちがい、過去の痛みの経験等多種多様な因子の影響を受けるようだ。
陣痛は突如開始するわけでもなく、大抵の時は温和な痛みから始まり、ちょっとずつ少しずつ痛みの強さが増していくのだ。
陣痛は時間と同時に変化し、いつかは絶対に最後がくるのだ。
分娩第1期の陣痛は子宮の萎縮による為、腹部のみでなく腰や骨盤の辺り、太腿の上部にも陣痛による痛みを実感する事がある。
子宮の萎縮による痛みは、引きつるような鈍い感覚で開始する事がおおく、萎縮の強さが増すにつれて、陣痛も増してくるのだ。
しかしながら、萎縮と萎縮の切れ目は陣痛がない為、以下の萎縮までの間に体を休ませる事が出きる。
経産婦の時は赤ちゃんが産道を通過するのが速い為、分娩の後半に急に凄い痛みを実感する事があるようだ。
分娩が進展し、娩出の段階に成ると、膣壁が引き伸ばされ、赤ちゃんが会陰に下りてくるのだ。
産婦は自然にいきみたい感覚を受ける。
この段階の陣痛は鋭く刺すような痛み(熱い痛みと実感する人もいる)だ。
しかしながら、効果的な無痛分娩が施されていると、このような痛みも実感しないで済む。
会陰切開が実行された時には、会陰縫合による痛みを実感するかも知れないが、無痛分娩はこの痛みに対しても適切だ。

麻酔による無痛分娩の方法にかんして

日本では、陣痛の痛みに耐えて赤ちゃんを産む事がまだ当たり前のように把握されている。
しかしながら、ガマンする事が美徳なのか、と疑惑を所有している人がいるのも事実だ。
近頃では、麻酔による無痛分娩を経験した母親からの体験談を耳にする機会も増大してきたようにおもう。
日本ではまだアメリカほど麻酔による無痛分娩が普及していないが、その主流は[硬膜外麻酔]を使用する方法だ。
この硬膜外麻酔は、局所麻酔の一種で、下半身の知覚神経をブロックし、鎮痛効果を発揮する。
硬膜外麻酔による無痛分娩では、初めに腰椎の中にある硬膜外腔と云うスペースに細いカテーテルを留置して、分娩が完了するまでそのカテーテルから局所麻酔を投与する。
これ以外に[脊椎麻酔]を使用する方法がある。
これも局所麻酔の一種だ。
脊椎麻酔では、硬膜外腔よりも脊髄に近いスペース(くも膜下腔)に途方もなく細い針で、直接、局所麻酔薬を投与する。
硬膜外麻酔よりも確実な鎮痛効果がすぐに得られるのだ。
脊椎麻酔は殊更に帝王切開や鉗子分娩等の時に使用される方法だ。
また[硬膜外麻酔]と[脊椎麻酔]のメリットを組み合わせ、併用する方法や、産婦が自身で鎮痛のコントロール(薬の投与)を実践する[PCEA(自己調節硬膜外鎮痛法)]と云った方法もある。
無痛分娩の目的での[全身麻酔]は、鎮痛薬や麻薬性鎮痛薬の注射により痛みのみを紛らす方法であって、硬膜外麻酔の時、手術が出きるほどの全身麻酔とはちがう。

ドゥーラと云う名前もしくは名称の分娩サービスにかんして

無痛分娩の普及しているアメリカの病院でも、近頃の風潮として、局所麻酔による鎮痛方法以外にも分娩中の入浴、シャワー浴やバースボールを使用した息抜き法、ドゥーラをうまく利用する方法等を取り入れるようになってきている。
これは陣痛をやわらげる方法の選択肢を増やして欲しいと云う産婦の要求に応えるためだ。
[ドゥーラ]とは、分娩経過中に産婦の多種多様なお世話をする人で、日本ではまだ一般的じゃない。
ドゥーラとは、出産サポート訓練を受け、経験を積んだ分娩付きの添人だ。
ドゥーラの中には看護師としての訓練を受けている人もいるが、殆どは医療的な訓練は受けていない為、医療面でのアドバイスや出産の介助は実践しない。
ドゥーラは、産婦の傍から離れる事なく、分娩中の介護や心理状態の具合的なサポートをしてくれる。
ドゥーラと妊婦は、出産予定日より前に何回か会う機会を設け、親しくなり、出産にかんした対話に乗ったり、バースプランを立てるお手伝いをしてくれる事もある。
その為、いざ陣痛が開始しても、その時には互いに良く気付いた仲に為っている為、産婦は落ち着いて出産に臨めると云うわけだ。
それとなく、自然分娩の際にお世話に成るように実感するかも知れないが、ドゥーラは自然分娩に限らず、無痛分娩を選択した時にも、心理状態の具合、実務的な支援をしてくれる。
日本でも里帰り出産がむずかしい産婦等の支えに成る為に、ドゥーラのようなサービスが普及すると良いとおもう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






結婚情報サービスで出会う