妊娠周期の自動計算や簡易計算法 妊娠周期と排卵日や基礎体温、高温期

妊娠周期の計算方法について

妊娠周期,計算

妊娠周期とは、WHO(世界保健機構)の定義によると、最終月経の初日を0日として7日ごとに数え、最終月経初日から6日までを[妊娠0週]として数えるようで、正常妊娠持続日数は40週=280日と定義されている。
更に、28日を妊娠暦の1ヶ月と定め、持続を10ヶ月とするようだ。
妊娠周期は、妊娠満週数で数えるのだ。
この妊娠周期によれば、分娩予定日は妊娠40週0日(妊娠40週の開始日)となり、これは280日目だ。
しかしながら、WHOの妊娠周期の数え方だと、排卵日がいつなのか定義されていない。
胎児が発育しスタートするのは、排卵があり受精があってからである為、排卵が大幅に遅れたケースの場合、WHOの妊娠周期の定義では胎児の発育に遅れがみられる事に成るのだ。


スポンサードリンク

妊娠周期の計算方法と排卵日や基礎体温、高温期やエコー検査と超音波写真について

妊娠周期,計算

一般的な妊娠周期では、排卵日は基礎体温が低体温から高体温に移行する境目の時だと云われている。
月経が28日周期の時、排卵日は14日後に成るわけだ。そして、排卵日が妊娠2週目0日となる
一般的な妊娠周期の計算方法としては、高温期は14±2日と考慮されている為、月経周期が28日以上の時、28日より少なくない日数分、排卵日が遅れていると考慮するのだ。
月経不順の時、基礎体温から排卵日を推測する必要がある為、排卵日が妊娠2週0日に相当する事を踏まえて妊娠周期を計算しなければならない。
最終月経日から、妊娠周期を計算した時、妊娠初期に胎児が週数に比較して小さいと云うのは、排卵日のズレが理由と為っている事が少なくないのだ。
基礎体温を記録してない時、生理不順の人の妊娠集数は超音波検査(エコー検査)と超音波写真で胎児の計測を行って妊娠周期を推測する事となる。
具体的には、妊娠4週から11週では通常胎児頭臀長(CRL)、それ以降では胎児大横経(BPD)の計測に拠って妊娠週数を計算するのだ。
ここで注意する事は、胎児計測から算出した妊娠週数と云うのは1週間ほどズレが生じる可能性があると云う事だ。


妊娠周期から分娩予定日を計算→自動計算や簡易計算法としてネーゲレ法について

妊娠周期は、カレンダーや一覧表を使用して計算する方法が一般的だったが、近頃は自動計算する事も出きる。
妊娠周期から分娩予定日を計算する事が出きるのだが、これを自動計算する機械が普及しているが、このような自動計算機を遣わなくても分娩予定日の簡易計算法としてネーゲレ法と云う計算方法がある。
妊娠3週目に妊娠が成立(着床)し、着床後、妊娠検査薬の反応するhCGホルモンが分泌されスタートする。
妊娠4週目が月経予定日(28日周期の時)となる。
月経周期の落ち着いている人が、月経が遅れている事で妊娠しているのではと考慮するのは、妊娠4週目以降(妊娠2ヶ月以降)だ。
胎児の胎嚢が確認出きるのは妊娠5週目からで、胎児の姿が確認出きるのは6週頃からだ。
妊娠6週目から7週目が、最も流産の少なくない期間であるため気を付けよう。
妊娠12週までの流産を早期流産と言い、なんと流産の98%を占めている事を御存知だろうか。
また、妊娠8週目から11週が1番つわりの酷い時期であるため何とか乗り切ろう。
妊娠12週から22週の流産を後期流産と云う。私の母親はここで流産してしまった・・・・・・。
妊娠18週目から安定期に入り、妊娠22週0日からの出産を早産と云うが、医学の発達と共に、この定義は変化しつつある。
そして、妊娠37週0日から41週6日までを正期産と云うのだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%A6%8A%E5%A8%A0&tbm=blg&output=rss&num=50






結婚情報サービスで出会う