<シーリングワックス>シーリングワックスシールの使い方や販売情報

封蝋とシーリングワックスにかんして

シーリングワックス

シーリングワックスシールの使い方を吟味してみた。私が思い出すのがエルバン、コイン、afternoon teaやゴールドシーリングワックスの販売情報だ。
ハンコやスタンプとしてはイラストやイニシャルを入れる。近頃では伊東屋のシーリングワックスが大人気者だ。
他にシーリングワックスと云えば阿倍野、富山県、仙台でも大大評判で通販でもよく売れているようだ。
それではシーリングワックスシールの使い方にかんしてやや講釈していきたいとおもう。
シーリングワックスは封蝋とも書き、ヨーロッパ等の欧米に於いて手紙の封筒や文書に封印をほどこたり、瓶等の容器を密閉する時に広く用いられてきた蝋の事を意味するのだ。
手紙や文書の時は、この上に印璽(シールの事)をプッシュする事でその手紙や封書の中身が余人の目に接触していない事の証明書代わりにもなり、いわば現代社会で云う本人証明のようなものを兼ねた手法でもあったのだ。
また手紙等の他にも、例を挙げるとウィスキーやブランドー等の高級酒の封にも手紙と同じシーリングワックスを手仕事で施す事も在り、メーカーズ・マークのブルートップ等はこれに当たる。
或いはシーリングワックスを真類似した印刷物や樹脂製のパッチでリボンを留め、その上に製造者の証明と同時に高級感を演出する小道具の1つとして使用される時等も有る。


スポンサードリンク

シーリングワックスシールの使い方について

シーリングワックス

封書に使用されるシーリングワックスには先に記述した印璽(シールの事)と云うものをプッシュするのだが、この印璽には差出人個人やその人物、家系を表すシンボルが刻まれていて、差出人を証明する証にもなる。
シーリングワックスで密閉された封筒を開封するとシーリングワックス自体は砕けてしまう。
だからこそ、受取人が開封するよりも以前に誰かが開封すればすぐに露見してしまい、また印璽を精巧に偽造でもしない限りは、再びおなじ様に封印を施す事も困難だ。
逆に、シーリングワックスに印璽をプッシュするのを失念すると、たとえ本人が差し出したものであっても受取人に信用して貰えない、事態にもなる。


シーリングワックスシールとシーリングワックスの販売情報について

次に、シーリングワックスの上にプッシュする印璽にかんしてだが、印璽を意味するシールと云う言葉は[紋章]と翻訳される事も有るが、現実には印璽に差出人の紋章がそのまま使用される事はいたって稀な事だ。
一般的には家や個人の紋章はコード・オブ・アームズと呼ばれ、そのまま使用される事例は殆どないと云ってよい。
印璽のデザインは紋章を元にしてはいるが、基本的にはこれらとは別のものとして扱われる。
欧米等では州章、群章、および市章や軍隊章等もシールと呼ばれ、これらは全て円形に為っているが、これも印璽の形を起源としているのだ。
また現代の欧米に於いて公証人が署名と一緒に使用するものもノータリーシールと呼称され、シーリングワックスに酷似したシンボルのエンボス印を意味するのだ。
日本に於いては輸入文房具を扱う雑貨店や通信販売等でもこのシーリングワックスを入手可能だが、一般的にはその形を真類似したシール等で気持ちを賞味するのが主流なようだ。

 

 

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






結婚情報サービスで出会う