<暑中見舞いの書き方>暑中見舞いの書き方と出す時期や文例

暑中見舞いを出す時期について

暑中見舞い,書き方

暑中見舞いは、出す時期に気を付けよう。
一般的には、小暑だ7月7日頃から、立秋だ8月8日の前日、7日までに出すのが良いとされている。
だが、7月7日と云うと、梅雨時期だ。
雨の時期に暑中見舞い、と云うのも、ややおかしい気がする為、梅雨が明けた頃からが良いだろう。
近頃では夏の残暑が厳しく、立秋を過ぎても現実にはまだまだ暑い日が継続するのだが、やっぱり遅すぎる暑中見舞いも少々間抜けだ。
出しそびれてしまったら、残暑見舞いに切り替えるべきだろう。
残暑見舞いでも8月中には出すようにすべきだ。
残暑見舞いのタイムリミットは9月上旬だ。
忘れずに出した方が良い。


スポンサードリンク

暑中見舞い用フリー素材にかんして

暑中見舞いハガキ用のフリー素材を扱っているホームページは世の中たくさん有るが、その中の一部を案内する。

 

Canon 暑中見舞い作成おたすけホームページ

暑中見舞いつくりにかんしたべんりなホームページへのリンクも有る。
可愛くてポップな夏のデザインがたくさん揃っている。とってもお勧めだ。

 

プリントアウトファクトリー

夏のイラスト素材が豊富に揃っている。
文字入りと文字無しの2パターンが用意されている為、暑中見舞い以外にも使用する事が出きる。

 

ふゆきデザイン

ビジネス用や家族用、知人用等に分類されている為、多種多様な人に暑中見舞いを送る時にべんりだ。

 

KF STUDIO

暑中見舞い用に可愛いデザインを探し求め求めている人にお勧めだ。
金魚やペンギン等のイラストキャラクターがたくさん揃っていて、ほほえましい暑中見舞いハガキに仕上げる事が出きる。
文字が入っていないタイプの素材もある為、多種多様なところで使用する事が出きる。
自身の子供と一緒につくり上げる時にもお勧めの素材だ。

くじ付き暑中見舞いのハガキにかんして

暑中見舞い,書き方

郵便局で暑中見舞用のハガキが初めに発行されたのは、昭和25年6月だ。
其の後昭和61年にくじ付きとなり、現状の[かもめからる]と云う愛称で親しまれるように成った。
この[かもめからる]と云う愛称、夏や海を連想させる[かもめ]と郵便の[メール]を合わせてつくられた為、[カモン、メール(郵便、いらっしゃい!)]なんて願いが込められているそうだ。
初めのくじの製品は、A賞が21型多機能カラーテレビ、B賞がステンレスポット、C賞がふみの日小型切手シートだった。
現状ではC賞の小型切手シートは廃止され、昨年(平成19年)の製品は、A賞が5000円相当の特産品ゆうパック1個、B賞は1000円相当の特産品ゆうパック1個だったようだ。
昨年の当選本数は、A賞が68,700本(1万本に3本)、B賞が229,000本(1,000本に1本)だった。
くじの製品としては年賀状ほど豪華じゃないが、やっぱり当たっていると喜ばしいものだ。
また、暑中見舞いにくじ付きハガキを使用するなら、くじの当選確認の為に自身の出した暑中見舞いを2度も観てもらえる。
この事は、企業アピールにもベストなものじゃないだろうか。
暑中見舞い、残暑見舞い用くじ付きハガキは、毎年8月の最後ごろまで発売されるが、くじの当選発表は9月のはじめだ。
平成19年は9月4日、引換期間は9月5日(水)から平成20年3月4日までだった。
忘れずに点検しておこう。


暑中見舞いはがきの書き方と文例集パート1

まず初めは、季節の挨拶を記述する。

 

・[暑中お見舞い申し上げます]
・[暑中お伺い申し上げます]
・[暑さのお見舞い申し上げます]
・[酷暑の候、ご機嫌お伺い申し上げます]

 

等が一般的な暑中見舞いはがきの文例だ。

 

親しい知人等には、くだけた文例でも良いだろう。

 

・[ご無沙汰しています]
・[おかわりないでしょうか?]
・[いかがお過ごしでしょうか
・[ご機嫌いかがででしょうか?]

 

等が有る。

 

季節の挨拶を記述したら、相手の健康を気遣う文例を記述する。
具体的な例を挙げてみたいとおもう。

 

・[ 厳しい暑さが継続していますが、いかがお過ごしでございましょうか。]

 

・[連日猛暑が継続していますが、ご家族の皆様にはお元気でお過ごしの事と存じます。]

 

・[連日の猛暑にもめげず、お変わりなくお過ごしの事と存じます。]

 

・[炎暑事のほかきびしい中、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。]

 

・[暑さ厳しき折柄、皆様にはお変わり無いでしょうか。]

 

恩師に送る時は、先生の名前もしくは名称を入れても良いだろう。

 

・[今年は事のほか厳しい暑さが継続していますが、★★(先生氏名)先生にはお元気でお過ごしの事と存じます。]

 

これ以外、病気をしていた人には[お身体の具合はいかがでしょうか]、会社が変わったり、転勤したりした人には[仕事の具合はいかがでしょうか]、等、相手の状況に合わせて文例を考慮してみると良い。

暑中見舞いはがきの書き方と文例集パート2

一般的な暑中見舞いはがきの書き方は、まず初めは季節の挨拶だ。
次に相手の健康を気遣う文章を記したり、自身の近況報告をしたりする。
最後に日付を記述して送る。

 

この文例では、[平成★年★月★日]と云うように、日付をそのまま記述しないようにすべきだ。
日にちまでは必要じゃない為、[平成★年★月]としたり、これ以外には[平成★年 盛夏]と記述したりする。
[盛夏]と入れる時の文例としては、現実の暑さにかんして、やや考慮してみて欲しい。
夏の暑さは、その年や地域に拠ってもちがう。
自身の居住している地域が猛暑だったとしても、送り先の地域は長雨で冷夏、と云う時も有る。
季節の挨拶は、送り先の地域、その年の寒暖に拠って表現を変えてみると良い。

 

近頃では残暑が厳しい夏がおおく、暦の上では秋に為っていても暑い日が少なくないが、いくら暑くても立秋を過ぎてからは、[盛夏]ではなく[立秋][晩夏][葉月]等にし、残暑見舞いとして出すようにすべきだ。

 

また、暑中見舞いや残暑見舞いは、どうしても暑さを強調してしまいがちだが、文例としてもらった方が爽やかな気持ちになれる事が肝心だ。
どこか涼しげなものや、元気やでるような言葉やイラストを入れておくようにすべきだろう。

パソコンとイラストで暑中見舞い用のハガキを作成

何も記述していないハガキに、手書きでイラストやメッセージを記述する事も素敵だが、やっぱり全て手書きと云うのはどのようにしてむずかしいものだ。
パソコンで好きなデザインを印刷して、お洒落な暑中見舞いハガキを作成してみると良い。
しかしながら、初めてパソコンで作成しようとする時、どのようなソフトを使用したら良いのか考慮してしまう。
パソコンにインストールされている[Word]を使用してもつくり上げる事が出きるが、ハガキ用に設定しないといけなかったり、文字とイラストのレイアウトが面倒だったりと、どのようにしてたいへのだ。
ハガキ専用のソフトを使用すると、シンプルにつくり上げる事が出きる。
[ハガキ]や[筆]と名前もしくは名称が付いているソフトがパソコンに入っていないか、点検してみると良い。
もし入っていれば、これらのソフトを使用すればシンプルにつくり上げる事が出きるが、本来パソコンに入っているソフトは、機能が限られていてイラストの種類も少なくなる。
その時は、製品版を買い付けてみると良い。
[アップグレード版]や[乗り換え版]を買い付ければ、ややお値打ちに購入する事が出きる。
これらの製品以外にも、各メーカーでは、暑中見舞い用に夏のイラストをおおく搭載している多種多様なソフトを販売している。
またインターネット上には、無料でイラストをダウンロード出きるWEBホームページもたくさん有る。
こだわりの暑中見舞いハガキをつくりたい人は、これらのソフトやホームページを点検してみて欲しい。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






結婚情報サービスで出会う