<香典の相場と葬儀のマナー>葬儀の受付、参列方法、服装等のマナー

葬儀の種類と葬儀マナーにかんした知識

葬儀,マナー

葬儀には、通夜、受付、香典、参列方法、生花、花輪、服装等多種多様なマナーが在り、殊更に親族独自のマナーもあれば密葬のマナー等も有る。
また、会社の関係者の葬儀だと受付、香典、案内文にもビジネスマナーが求めれる。
また、葬儀のマナーは、各宗教に拠ってもまちまちで、信者数が少なくないキリスト教(カトリック)、天理教のみでなく、神道・神式等にも葬儀マナーが有る。
更に、近頃では葬儀の種類としてアニメのキャラクターの葬儀まで実践されるように為っている。
あしたのジョーの力石徹、北斗の拳ラオウがこれに当てはまる。
他にも変った葬儀としては、鴨志田穣、桑田兼吉の葬儀、低価格葬儀等があるようだ。


スポンサードリンク

近頃の葬儀マナーの注意点を考慮した知識について

葬儀,マナー

葬儀に呼称された時のマナーを閲覧すると良い。
葬儀が決定すると、遺族から通夜や葬儀の連絡がやって来る事だろう。
故人と親しい間柄であれば、通夜と葬儀の両方に参列するようにする。
また、そうでない時は、どちらかのみでも問題ない。
故人とは親しくなくても、遺族と付き合いが深いのならば、弔問には伺うようにすべきだ。
葬儀に参列出きない時は、弔電を打つのも方法だ。
弔電の宛名は、喪主にするのがマナーだ。
内容は弔意を表す言葉で打つようにするが、TEL帳等に載っている既成のものでも問題ない。
遺族は、突如の事で取り乱しているかも知れないし、深い悲しみの中にいるだろうから、決してTELをかけたりしないようにすべきだ。
マナーとして弔電は通夜や葬儀の間に届くようにする。
もしも、間に合わないようなら弔電はやめ、後日、手紙かTELでお悔やみの言葉を述べた方が良い。
また、都市部のほうでは、密葬や家族葬が増大しているそうだ。
家族のみで見送りたいと云うのもあるだろうが、近隣とのつながりが薄く為っている現代社会では、仕方のない事なのかも知れない。
更に、現状は葬儀社の数もおおくホールの設備も充実しているから、[もしもの時はここで]と決定させている人も居る事だろう。
ホールで実践する葬儀は、葬儀社が段取りを進めてくれるから、分からなくても無事に完了する事が出きる。
世話係も、シンプルなお手伝いをするのみで済むとおもうから、葬儀に詳しい人は少なくなってきているのじゃないだろうか?

葬儀の段取りに詳しくなくても、葬儀にかんしたマナーは最低限の事はおぼえておこう。


葬儀のマナー:受付と袱紗(ふくさ)の知識について

葬儀や通夜に香典を所有して足を運ぶ時、葬儀のマナーとして香典は袱紗(ふくさ)に包むものとされている。
現状は、財布型のふくさもあって、入れて出すのみな為、難しくない。
袱紗(ふくさ)に香典を包む時は、中央に置いた香典袋の右・下・上・左の順に袱紗(ふくさ)を折る。
結婚式で祝儀袋を包む時は、この逆で、左・上・下・右の順に成る。
袱紗(ふくさ)から香典を出す時の葬儀のマナーも閲覧すると良い。
受付の方の目の前で、袱紗(ふくさ)から香典を出すのは失礼な感覚がするかも知れないが、現実はそうじゃない。
葬儀のマナーとして、受付の方の目の前で袱紗(ふくさ)をあけて、香典を差し出すやり方がただしいとされている。
勿論、香典袋の向きにも気を付けよう。自身の方へ向けていたり、裏返っていないようにする。
受付が無い時は、遺族の方に直接手渡しても良い葬儀のマナーだろう。
もしも、袱紗(ふくさ)を所有していなくても懸念は無用だ。
そのような時は、受付の前へ進みでる前に、あらかじめバッグから香典袋を出しておけば良い葬儀のマナーだ。
また、葬儀用の袱紗(ふくさ)の色は地味な色ならば問題ないとされているが、袱紗(ふくさ)で1番 一般的なものは、紫色の袱紗(ふくさ)だ。
一見、派手にもおもえるが、これが一枚あれば葬儀のマナーにも結婚式にもうまく利用出きる。

葬儀のマナー:服装の知識について

葬儀に参列する際は、喪服や礼服を身に付けていくのが葬儀のマナーだ。
しかしながら、通夜はそうでもない。
一般的に、通夜には礼服ではなく、平服で参列しても良いとされている。
しかしながら、葬儀には参列せず通夜のみの参列にする時には、出きれば礼服を身に付けて足を運ぶ事が望ましいと云えるだろう。
勿論、突如の事で準備が出きないようであれば、平服でも構わない。
その際の葬儀のマナーとしては、派手なものはやめて、ダーク系の落ち着いた服装にするようにする。
女性は、アクセサリー類を外す事を失念しないようにすべきだ。
また、子供が参列する時は、学生ならば学生服や制服で参列するのがベストと云える。
制服がないような小さい子供は、出きる限り黒っぽい服装を身に付けさせて参列するのが良い葬儀のマナーだろう。

葬儀のマナー:香典と香典の金額相場の知識について

通夜と葬儀の両方にでる時は、葬儀の時に香典を持参するのが葬儀のマナーだ。
香典袋には、多種多様な種類が有る。

 

仏式の香典の時は、黒白の結び切りの水引がついたものを用意すべきだ。
結び切りには、2度とくりかえされないと云う意味が在り、結婚式にはこの赤白を所有して足を運ぶ事は常識とされている。
葬儀の時は、表書きには<御香料>とする。

 

神式の香典の時は、黒黒の結び切りで<御神前>、共通のものとして使用して良いのは、黒白の結び切りで表書きは<御霊前>と入れるようにする。

 

キリスト教(カトリック)式の香典であれば、結び切りはつけずに<御花料>と入れるようにする。
現状は、印刷されたものも販売されている。
金額がそれほどかからないのならば、印刷されたものに入れる等、金額相応の香典袋を用意するようにすべきだ。

 

また、香典に氏名を入れるペンは、薄墨の毛筆で記述するようにする。
連名の時は、目上・年齢の順に右側から記述していくのだ。
文房具の売り場に足を運べば、薄墨の毛筆ペンが販売されているから、一本常備しておくと良い。

 

香典として包む金額の相場は、5,000円が平均とされている。
親族であれば、10,000円は入れるようにするべきだろう。
身内に至っては、10万円とも云われるが、親族で対話して決定させてはどうだろう。
また、以前に香典を戴いた事があるのならば、同等の金額を包むようにしても良いだろう。

 

葬儀に参列出きない時は、香典を郵送しても葬儀のマナー違反にはならない。
現金書留で、喪主宛に香典を送るが、お悔やみの手紙も同封するようにするのが葬儀のマナーだろう。

葬儀のマナー:葬儀に参列する時の知識について

葬儀に参列する時は葬儀のマナーとして、式場に入る時間にも考慮が必要だ。
駐車場があるのか等は、現実に訪問してみないと分かる事が出きない事もおおく、時に拠っては遠い駐車場まで車を止めに行かなくてはいけない時も有る。
また、参列する人数が少なくないと、受付にも時間がかかってしまうかも知れない。
余裕をもって、出発するようにして葬儀の10分前には式場に入るようにすべきだろう。
自身の家をでる前の注意事項としては、香典袋の中身をもういっぺん確認する事も肝心だ。
焼香の仕方にも、勿論葬儀のマナーは有る。
近頃は、葬儀会場で葬儀が執り実践される事もおおく、立礼が殆どだ。
座礼も立礼も焼香の仕方に、殆ど変わりはない。
僧侶や遺族に礼をするタイミングも頭の中では把握出きていても、どのようにしてむずかしいものだ。
しかしながら、形式にこだわる必要はない。
故人を偲ぶ気持ちがあれば、遺族には充分に気持ちが伝達される事だろう。これも葬儀のマナーだ。

 

また、キリスト教(カトリック)や神式の時は焼香がない。
キリスト教(カトリック)は献花、神式は玉串を捧げるのが決まりだ。
捧げる方法にも細かな葬儀のマナーは有るが、難しく考慮する事はない。
事前に、係りの人から講釈があるはずだから、その通りに実践しよう。

 

焼香が済んだら、出棺に成る。
故人と最後のお別れに成るから、出きれば焼香が済んでもすぐに帰らない方が良いのだが、出きる限りならば出棺までお見送りするようにするのが葬儀のマナーだろう。

葬儀のマナー:親族のマナー知識について

故人が親族の時は、一般の弔問客とは立場が相違する。
この時の、葬儀のマナーを閲覧すると良い。親族がなくなったら、危篤の具合の時に連絡がくる事だろう。
遠方であれば、念の為に、喪服を用意してすぐに駆けつけるようにする。
この時は、勿論平服で足を運ぶのだが、派手な服装はやめた方が良いだろう。
残念ながら、お亡くなりになった時は、喪主は葬儀にかんして決めなくてはいけない事がたくさん有る。
葬儀会場や棺・祭壇の種類等、把握出きる事があれば、親身になって対話にのってあげよう。
例を挙げると、他界診察書を病院に取りにやってきたり、自治体の役場で他界届けや火葬許可書をとらなくてはいけない。
自身に出きる事があれば、手伝いを申しでる事も葬儀のマナーだ。
是が非でも喪主の支えになってあげて欲しいものだ
葬儀には、供花や供物を供えなければいけないのも葬儀のマナーだ。
親族であれば、これらを用意する事は当然の葬儀のマナーだ。
喪主と対話して、葬儀社に依頼すべき事だろう。

葬儀のマナー:通夜にかんした知識について

通夜は葬儀とちがって、時間がガッチリ決定されている訳でもない。
勿論、開始時間は決定していて詠経の後、弔問客の焼香が完了すれば完結となる。
しかしながら、なかには通夜の時間内に駆けつける事が出きない人も居るだろう。
あまり遅い時間でない一般常識内の時間であれば、弔問にやってくるのは問題ないだろう。
どうしても、遅い時間にしか足を運べないようならば、遺族に確認の連絡をいれるのは、葬儀のマナーとして肝心だ。
また、通夜には、通夜振る舞いと云われるしきたり(葬儀のマナー)が有る。
通夜振る舞いとは、遺族側から弔問のお礼として設けられる席の事だ。
更には、故人を偲ぶ供養としての意味もあるそうだ。
地域に拠っては、茶菓子とお茶が用意されるところも有るが、お食事やお酒が用意されるところも有る。
遠慮をするのは、葬儀のマナーに反すると云われているから、一口でもいいから戴くようにするのが葬儀のマナーだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






結婚情報サービスで出会う