<香典のマナー>と香典袋の書き方や金額相場のマナー

香典袋の金額の相場と書き方のマナーと香典の種類について

香典,マナー

香典袋の金額の相場と書き方のマナーにかんして講釈する。
これ以外にも、香典袋には包み方や表書き、更に郵送の仕方にもマナーが有る。
香典袋には種類が在り、冠婚葬祭のうち葬式・葬儀のみでなく、四十九日香典、これ以外お通夜用、法事用、一周忌用、納骨式用の香典まで有る。
他にも香典返しの挨拶状や礼状にも書き方のマナーがあるのを御存知だろうか?
当ホームページでは、香典にかんした手紙の書き方の見本や香典を取り纏める書き方から連名方法まで講釈する。


スポンサードリンク

香典返しのマナーにかんして

香典,マナー

本来、香典はお返しをするものじゃないが、仏式では四十九日(七七日忌)の忌明け後、但し故人が亡くなってから四十九日(七七日忌)まで3ヶ月にわたる時は35日に、品物に挨拶状を添えて贈るのが一般的なマナーに為っている。
神道やキリスト教では、原則、香典返しをしない事に為っているが、近頃では仏式での影響を受けて、香典返しをするのが一般的に成った。
神道では忌明け後の五十日祭に、キリスト教では1ヵ月後の召天記念日や記念式の日にお返しする。
香典返しの額の水準は<半返し>といわれ、戴いた香典の半額レベルの品とされてきた。
しかし<関東の半返し、関西の三分返し>ともいわれ、もしくは<全返し>と云われる地域もある為、地域の慣習に従うのが良いだろう。
また告別式の当日に一律の金額の品物をお返しするケースも増大しているようだ。
具体的な品物としてはお茶、砂糖、タオルセット、石鹸等の実用的なものが一般的なマナーだ。
香典返しには挨拶状を添えるのが一般的だが、挨拶状の文面の見本は葬儀社やデパートの専門コーナーで依頼したり、既に印刷してある市販のものをうまく利用する事も出きる。
挨拶状の書き方に決まりは殊更にないが、弔辞の手紙は白無地の一枚の便箋と一重の封筒を使用するのがマナーであるため注意が必要だ。
故人の遺志により、香典を基金や福祉関係へ寄付する時には、忌明けの挨拶状に趣旨と寄付先を書き添えて送り、香典返しはしないのがマナーだ。
また弔電のみを戴いた人にも香典返しは不必要で、代わりにお礼状を出すのがマナーだ。


香典袋の金額の相場にかんして

香典袋は故人を弔う気持ちが肝心で金額はその次だが、近頃の金額の相場は以下のように為っている。
会社の部下の葬式に出す香典袋の時は5千円から1万円が金額の相場だ。出す側の年齢や役職に拠っても変わるが、50歳代以上、もしくは部長級以上の時は1万円レベル包んだ方が良いだろう。連名で出す時にはやや少なくない金額を出すと良いだろう。
次に会社の同僚の時は3千円から1万円レベルが金額の相場だ。
それほど面識のない同僚なら5千円で良いだろう。また連名で出す時には決定された金額で良いだろう。
会社の上司の時は5千円から1万円レベルが金額の相場だ。特別にお世話になった上司には1万円包むと良いだろう。

 

祖父母の葬式に出す香典袋の時は1万円から3万円が金額の相場だが、出す側の年齢が高ければ3万円から5万円が適当だろう。
両親の葬式に出す香典の金額の相場は5万円から10万円だ。子として最低でも5万円以上は包み両親を送りたいものだ。
兄弟の時には3万円から5万円レベルが金額の相場だ。10万円でも問題ないが、他人ではなく身内なので3万円以上包んだ方が良いだろう。
親戚の葬式に出す香典の時は1万円から3万円が一般的な金額の相場だ。親戚を肝心にする日本社会に於いては、生前それほどお付き合いのなかった親戚の時でも1万円以上は包んだ方が良いだろう。

 

知人の時は5千円から1万円レベルが金額の相場だが、年齢や関係、親密度に拠って金額を決定するもので相場はないようなものだ。殊更に親しい知人の時には3万円以上出しても問題ない。

香典の礼状や挨拶状にかんして

遠方から会葬にやってきた人や、弔問には来られず香典、供物、供花を送って戴いた人、弔電を戴いた人には忘れずお礼状を出すようにする。

 

見本の文例<この度の葬儀に際しては過分な御香料を賜り、ありがとうございた。多種多様とご懸念をお掛けしましたが、ようやく落着いてまいりました。お心遣いの数々、本当にありがとうござました。>等等。

 

故人の遺志で、戴いた香典を社会福祉団体や基金に寄付する等の理由で香典返しをしない時には、忌明けの挨拶状に趣旨と寄付先を書き添えお礼状とする。
また、故人の収入で生計を立てていた為、香典を遺児の養育費の一部に充てたいと云う時も有る。
こういった時には香典返しをせずその旨を挨拶状に書き添えると良い。
お礼状の文面は、葬儀社やデパートの弔事コーナーであらかじめ用意されたものをうまく利用する事も出きる。
こういったものをうまく利用する時には、一言書き添えると良いだろう。
お礼状の定型は、黒かグレーで縁取りのしてある私製はがきと角封筒を使用する。近頃ではカラー用紙を用いたり、挿絵を添える事も有る。
文章も以前に比べ自由になり、独創的な礼状も見受けられるように成った。
なお、基本中の基本だが香典返しに対するお礼状は必要ない。
先方に受取った旨を伝達したい時には、葉書や喪中見舞いを兼ねた手紙等で伝達すると良い。
その際の文面の見本としては、ご遺族の其の後の様子を伺い<先日はご丁寧なご挨拶をいただき恐縮です>等と言葉を添える。

香典と連名にかんして

香典を包む際に連名で包む事が有る。連名で包むと云う事は、1人分を香典袋に包むのではなく、何人分かを一括して香典袋に包む事を云う。
連名で香典を出す時、香典袋の表書きは、右から代表格の人や年長者等目上の人とするのが一般的だ。
上下関係が無い時には50音順でも良いだろう。
スペースが限られている為、人数が少なくない時には全員分の姓名を記す事が難しくなる。
そこで4人以上の連名で出す時は、中心に代表者の姓名のみを記し、左側にやや小さく<他一同>と記すようにする。
もしくは代表者を記さず、<★★一同>とのみ記す事も出きる。
どちらの時も別紙に一同の姓名、住所、そして各々の金額を記して同封する。
この際にも、順序は右から代表者、年長者等目上の人に成る。

 

香典袋には中袋に金額を明示する。こうすると遺族側の会計処理上たいへん助かるのだ。
包む金額は、連名だからと云って合わせて1人分と云う事じゃない。1人ずつ、お付き合いのレベルに拠って用意する。
また夫婦で参列する時には世帯主名でも連名でも問題ないが、故人と夫婦共に交流があった時には連名にするのが一般的なマナーだ。

香典袋の表書きの書き方にかんして

香典袋の表書きの文字は、薄墨の筆で記述する事が常識とされている。これは涙で墨が滲んで(にじんで)薄くなると云う事を表している。
水引の上半分、中央に使い道を記述するようにする。使い道は宗教や儀式の意味に拠って書き方はちがう。
仏式では[御霊前][御香典][御香料]等と記述する。
浄土真宗では魂は死後すぐに仏となると考えられ、霊の実在は認めてないと云う事で[御仏前]を使用する。
白無地もしくはすの絵柄のついた不祝儀袋に、白黒もしくは双銀の結び切りの水引をかける。
四十九日法要以降は[御仏前]もしくは[御供物料]と表書きをし、黄白の水引をかける。
神式では[御玉串料][御榊料][御神前料][御霊前]等と記述する。白無地の金包みに双銀もしくは双白の結び切りの水引をかける。
キリスト教式の時は宗派により[御花料][献花料][御ミサ料]等と記述する。白無地の封筒、もしくは白百合・十字架等が印刷された市販の封筒を使用し、水引はかけない。
水引の下側中央に香典をたむける方のお名前もしくは名称をフルネームで記述するようにする。

香典の郵送の仕方にかんして

香典は本来、直接お通夜や告別式に持参するのが礼儀だが、遠方に居住している等、多種多様な事情で葬儀や告別式に参列出きない事も有る。
そのような時にはまず弔電を打ち、可能な限り早く香典を郵送する。
香典を郵送する時には、金銭を[不祝儀袋(香典袋)]に入れ、その不祝儀袋を現金書留の封筒に入れて喪主宛に郵送する。
ここで、金銭を直接現金書留の封筒に入れないように気を付けよう。
また為替や、弔電と一緒に電報為替で香典を送る方法も有るが、喪家の手間を考慮すると現金書留で香典郵送したほうが良いだろう。
現金書留の封筒に入れる不祝儀袋には通常通り表書きをし、中袋にも金額と住所、氏名を記入する。
現金書留の封筒に住所、氏名を記入するからと云って省略しないようにすべきだ。
香典を郵送する際には、可能な限りお悔やみの言葉と参列出きないお詫びを記述した“手書き"の手紙を添えて送るようにする。
お悔やみの手紙ははがきでなく、絶対に封書で出す。便箋は色物をやめ、上質の白を使用するのがマナーだ。

香典にかかわる手紙の見本文例にかんして

香典に関係する手紙の見本文例を案内する。
まず、多種多様な事情で葬儀に参列できず、香典を郵送する時に添えるお悔やみの手紙の見本文例だ。

 

[★★様御逝去のお知らせをいただき、驚きと悲しみを抑える事が出きません。心からお悔やみ申し上げます。
ご家族の皆様のお悲しみはいかほどかと、お察し申し上げます。すぐにお参りに伺えず申し訳なく思っています。どうぞお許しください。
失礼ながら、心ばかりの香料を同封いたしました。ご霊前にお供えくださるよう、お願い申し上げます。
慎んで、ご冥福をお祈り申し上げます。]

 

 

次に香典の礼状の見本文例だ。郵送されてきた香典に対しては礼状を出そう。

 

[拝復 このたび★★の葬儀に際しては、過分のご香典をいただき、ありがとうございました。厚くお礼申し上げます。
おかげさまで葬儀も無事完了した事、ひとえに皆様方のおかげと感謝しております。
今後とも何かにつけお世話に成る事も少なくないかと存じますが、どうかよろしくお願い申し上げます。敬具]

 

 

香典返しを配送する時の見本文例だが、忌明けの挨拶状にその旨を書き添える。

 

[拝啓 時下いよいよご清祥の事とお慶び申し上げます。
★★の葬儀に際しては、ご丁寧なご弔詞を賜り、かつ過分な御香料を頂き、御芳志のほど、厚くお礼申し上げます。
七七忌に際して謝意を表したく、粗品ではありますが、お届け申し上げました。ご受納いただければ幸いと存じます。
略儀ながら、書中をもってごあいさつ申し上げます。]

 

 

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E8%91%AC%E5%BC%8F&tbm=blg&output=rss&num=50






結婚情報サービスで出会う