<冠婚葬祭の服装マナー>冠婚葬祭の服装を身に付ける男性、女性、子供のマナー

冠婚葬祭の服装マナーについて

冠婚葬祭,服装

冠婚葬祭の服装に苦しんだり、考えすぎている人も少なくないのじゃないだろうか。
冠婚葬祭に参加するケースの場合には、最低限気付いておかないと恥ずかしいマナーが多種多様と有る。
そのマナーの中でも初めに苦しむのが冠婚葬祭の服装だろう。
勘ちがいした服装をしてしまうと、それだけで周囲の顰蹙(ひんしゅく)を集める事に成りかねないし、自身の親族や相手の親族も不快な思いをする事に成る。
更に、出席している間ずっと恥ずかしい思いをするのは自身だ。
自身の親族や相手の親族に迷惑をかけない為にも、冠婚葬祭の服装の基本中の基本はガッチリと気付いておきたいものだ。


スポンサードリンク

冠婚葬祭の服装マナー→結婚式における男性、女性、子供の服装について

冠婚葬祭,服装

冠婚葬祭の服装のマナーと云えばまず結婚式だろう。
結婚式と云えば、招待された時、来ていく服装に一番苦しむイベントなのじゃないだろうか。
華やかな席、そして祝いの席であるから、祝福の気持ちを表す為にも地味なものはやめたいものだ。
だからと云って、勘ちがいしたド派手な服装は場の雰囲気を壊してしまうし、いわゆるKYな人だと思われてしまうだろう。
冠婚葬祭の服装のマナーのうち結婚式のケースの場合、基本中の基本的には略式礼装に成る。
男性はブラックスーツ、ダークスーツで在り、女性はロングドレスやスーツだ。
但し、冠婚葬祭の服装のマナーとして女性のケースの場合、結婚式に白いドレスを身に付けていくのはNGに為っているので気を付けよう。なぜなら、白は新婦が身に付ける色だからだ。
一般招待客は、あくまで基本的に新郎新婦を引き立てる実在だ。その主役よりも派手な格好は止めなければならない。
冠婚葬祭の服装のうち結婚式のケースの場合、平服で平気だと指定がある事も有るが、それでも略式礼装かそれに近いものにするのが最低限のマナーだ。
次に、結婚式における子供の服装だ。
結婚式における男の子の服装は、スーツやブレザーとズボンに蝶ネクタイを合わせる。靴下は白で靴は黒だ。運動靴はNGだ。
結婚式における女の子の服装は、スーツもしくはシンプルなワンピースだ。靴下は白で靴は黒だ。運動靴はやっぱりNGだ。
勿論、通過している学校に制服があれば、男女とも制服を着用すれば良い。


冠婚葬祭の服装のマナー→葬儀と成人式における男性、女性、子供の服装について

冠婚葬祭の服装にはもう1つ、葬儀を失念してはならない。
葬儀のうち通夜のケースの場合、冠婚葬祭の服装のマナーとして喪服を身に付けていくのが基本中の基本であるが、どうしても仕事先から駆けつけなければならない時も有る。
そのような時の冠婚葬祭の服装のマナーとしては、男性は黒いネクタイに黒い地味なスーツ、女性も地味なスーツにして場の雰囲気を壊さないようにする気配りが必要だ。
葬儀のときの冠婚葬祭の服装のマナーとしては、アクセサリーも注意が必要だろう。
基本中の基本的にアクセサリーはつけない方が良いとされている。
真珠等のネックレスをつける事は有るが、その時も、一連のものでなければならない。なぜなら、2連は[重なる]を連想されるのでNGなのだ。
葬儀のときの冠婚葬祭の服装のマナーとして忘れられがちなのが、寒い日に喪服の上に身に付ける物だ。
毛皮や皮製のコートは殺生をイメージする為、冠婚葬祭の服装のマナーとしてNGと為っているので注意しなければならないだろう。
次に、葬儀における子供の服装にかんして観てみよう。
子供のケースの場合、通過している学校に制服があれば、男女とも制服を着用すれば良い。
しかしながら、制服がないケースの場合は、黒、グレー、紺等の地味な服装にする。男の子はブレザーに黒のネクタイが良い。
女の子はブレザー、もしくはスーツやワンピース等にリボンやフリルは付けないようにする。
最後に、冠婚葬祭の[冠]は成人式だ。
近頃では成人式をカジュアルな服装やラフな格好で参加する人も増大している。
これは時代の流れであるから仕方がない為、絶対に冠婚葬祭の服装のマナー違反とはならないとおもうが、やっぱり華やかな席のイメージをぶち壊すような服装はやめるべきだろう。
冠婚葬祭は衆人の目と、その場の雰囲気を常に考慮する必要がある場だ。

冠婚葬祭の服装は、その基本的なものな為、ガッチリマナーをわきまえた服装をしたいものだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E8%91%AC%E5%84%80&tbm=blg&output=rss&num=50






結婚情報サービスで出会う