<電動車いす>電動車いすのカタログ・価格・補助金等

電動車いすのカタログ・価格・補助金等について

電動車いす

近頃、電動車いすの需要が高まっているらしき事をよく耳にする。
来るべき高齢化社会の影響で、バリアフリーが叫ばれている事態だ。
高齢化社会が騒がれている近頃、高齢者や障害者が出きるだけ支障なく日常生活を送れるように、そして出きる限りおのれからなるべく積極的に地域社会に参加出きるようにするための動きが広まっている。
そこで、高齢者や障害者のように、活発な動きがむずかしい人が屋外で活動する際に大きな任務を成し遂げるのが電動車いすだ。
これまで、電動車いすと云えばもっぱら歩行に支障がある人がうまく利用するもの、と云うイメージがあった。
しかし近頃では、電動車いすをもっとポジティブに、もっと活発に、より心地よい生活を送る為にうまく利用するもの、と云うイメージの方がつよく為ってきている。
つまり、体がしんどくてなかなかどうして買い物にいけない人、地域の集まりに参加したくても、邪魔になったらどうしよう的な懸念で参加できなかった人等が、電動車いすの助けを借りて出きる限りなるべく積極的に動作する事が可能に成るのだ。


スポンサードリンク

電動車いすの種類について

電動車いす

電動車いすには何種類かの種類が有る。
手動に切り替える事が出きるタイプの電動車いすや、三輪タイプ、四輪タイプ等だ。
また、電動で動作する電動車いすもある為、道交通法との兼ね合いがあるケースの場合も有る。
普通の電動車いすは当然[歩行者]として扱われる必須性がある為、速度は時速6km未満と為っている。
国内で製造・販売されている電動車いすの製品はみなこの速度以下のタイプであるためであるが、外国製では一番速い速度がでるものが有る。
ただ時速10kmを超越すると車両扱いになるので注意が必要だ。
目線の高さも普通の車いすと比較して、高い車いすが少なくないのも特徴点だ。
車いすに乗る事で、立っている人から常に見下ろされている精神状態はあまり良いものじゃない。
こういった点を考慮してのうまい利用法だ。
その為、ルックス上は三輪・四輪のスクーターのような形状をしている電動車いすも有るわけだ。


電動車いすのカタログ・価格・補助金等について

問題は価格だろう。
電動車いすはやっぱりそれなりのお高い価格だ。
例をあげると、一般的なタイプの電動車いすで約30万円台レベルで、より高機能な電動車いすだと50万円以上かかるものも有る。
価格を考慮しても、おいそれと簡単に購入出きる代物じゃない為、レンタルも実践されている。
レンタルならば、月額数千円レベルから借りる事が出きる。
また、介護に電動車いすが必要なケースの場合は、購入の際に地方自治体から補助金を援助してもらえる。
補助金の金額はおのおの自治体ごと、もしくは介護のレベルに拠ってちがってくるが、最高で10万円レベルはでるようだ。
近頃、町で電動車いすをうまく利用している人を見掛ける機会も増大してきた。
将来的にも、いよいよ増大していく事が予測される。
もっと高齢者や障害者の人が不自由なく、電動車いすで元気に外を歩き回れるような時代が来て欲しいものだ。
炎上事故でリコール対象に成る電動車いすを買い付けない為にも信用出きるメーカーを選ぼう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E8%BB%8A%E3%81%84%E3%81%99&tbm=blg&output=rss&num=50






結婚情報サービスで出会う