<レース糸とは?>レース糸の激安通販について

レース糸とは?

レース糸

レース糸にかんしてシンプルに記述していこうとおもう。
皆さんは、レース糸と云うものを御存知だろうか。
あまり手芸に興味がない人でも[レース糸]と云う言葉を1回くらいは耳にした事があるのじゃないだろうか。
趣味が手芸と云う人ならば、レース糸はたぶん馴染み深い糸なのじゃないだろうか。
レース糸はその名前もしくは名称の通り、レース編みにうまく利用する糸の事だ。
そもそもここで云うレースとは、手芸の1つの領域に成る。
レースは1本、もしくは数本の糸をより合せる事により、すかし模様にする技術の総称に成るようだ。
レースは狭い意味では、ニードルレースとボビンレースを意味するようだ。この事はレースの伝統をもつヨーロッパを中心とした地域ではごく当たり前の事だそうだ。
広い意味のレースは、[刺繍レース][鉤針編みレース][棒針編みレース][タティングレース][フィレレース]等を包括するそうだ。
これらは殊更に19世紀以降にレース技術が伝達された地域でのみ一般的なのだそうだ。


スポンサードリンク

レース糸の日本おける認識について

レース糸

次に、レース糸の日本おける認識を観てみよう。
日本に於いては、前述した全てのレースをレース編みとひとくくりに表現しているのが一般的だ。
これは日本におけるレースの歴史の浅さと認識の低さを示していると云えるようだ。
日本におけるレースの起源としては、[衣服が古くなり、傷んでしまった部分を繕う(つくろう)ための[かがり]が綺麗なレース模様に成長したもの] [織られた布の端がほどけないようにする為に編んだ[ふさ]の技術が発展したもの][漁師の魚網として用いられていた結び目のある[網]が発展したもの]と云う3つの説があるようであるが、あまりハッキリ把握できていないようだ。


レース糸の世界史と激安通販について

次にレース糸の世界史にかんして観てみよう。
レース糸の世界の歴史を探し求めてみると、エジプトでは紀元前に色糸で衣服に縁かがりをしていたそうだ。
衣服の補修や装飾の為に古代ギリシアやローマでは、レース糸をかけた模様がうまく利用されていたのだそうだ。
次に、中世ヨーロッパだ。
中世ヨーロッパでは、ドロンワークやカット・ワーク、そしてナンズ・ワークと称される修道院の修道女たちの日課の手仕事があった。
これらは13世紀のイギリスの女子修道院規約の記述に使用されているそうだ。
この事からレース(糸)と云う用語は女子修道院から誕生したと云われる説もあるくらいのであるが、これもハッキリと把握できていないようだ。
15世紀頃までには、現状のベルギー西部とオランダの一部、そしてフランス北部を意味するフランドル地方やイタリアのヴェネツィアでは、ボビンに糸を巻きブレードを編むと云う方法が、とっくにうまく利用されていたようだ。
レース糸の歴史って、探し求めてみると予想外に面白い事実があるのだ。
最後にレース糸の激安通販について見てみよう。
大手通販サイトの楽天でこのレース糸について検索してみると、1000円以内の激安通販ものが多い。
種類も豊富にあるので、興味のある人は一度除いてみると良いだろう。インターネット通販の良い所は、欲しい種類のものが見つかるところだ。
大手通販サイトの楽天ならば、自分の好みのレース糸が見つかる事だろう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






結婚情報サービスで出会う