<メール便速達とは?>クロネコヤマトのメール便速達とその料金

クロネコヤマトのメール便速達とその料金について

メール便,速達,ヤマト

メール便の速達サービスにかんしてシンプルに記述していこうとおもう。
と云っても多種多様有るが、ヤマト運輸の大展開するクロネコメール便が一番一般的に認識されているのじゃないだろうか。
そのヤマト運輸の大展開するクロネコメール便に速達サービスがあるのを御存知だっただろうか。
そもそもクロネコメール便の内容がどういうものかと云うと、400km圏以内への配達は発送日の翌々日に、400km圏外への配達は発送日の翌々々日に全国一律の料金で荷物をお届けするサービスだ。
クロネコメール便の速達サービスをうまく利用すると、クロネコメール便の着日を一日短縮する事が出きるのだそうだ。
速達サービスの内容として、これをうまく利用すると、600km圏以内だったら発送日の以下の日、600km圏外へは発送日の翌々日に荷物が届く事まで出きるように成るのだ。


スポンサードリンク

クロネコヤマトのメール便速達サービスとその料金にかんして

メール便,速達,ヤマト

ヤマト運輸の大展開するクロネコヤマトのメール便速達サービスをうまく利用するにあたって、何か手続きは必須なのだろうか。
クロネコメール便の速達サービスをうまく利用するのに殊更に手続きは必須じゃないようだ。
そのうまく利用手段は、赤文字で[速達]と荷物の目立つところに記入するのみなのだ。
もし普通の郵便をうまく利用した時、定形外25gまでは郵便料金が120円だ。
速達をうまく利用したケースの場合だと郵便料金が390円かかる。
荷物の重量が25g以上に成ると更に郵便料金が加算される事に成る。
しかしながら、クロネコメール便を使用すると、A4サイズの発送物が全国一律80円で送る事が出きるのだ。
これを速達にしたクロネコメール便の速達サービスのケースの場合だと、プラス100円の180円で発送する事が出きるのだ。


クロネコヤマトのメール便速達サービスの配達が遅延すると返金

万が一、ヤマト運輸の大展開するクロネコヤマトのメール便速達サービスの配達が遅延してしまった時で、普通のクロネコメール便と同じ着日になってしまった時は、速達の付加料金である100円は返金されるのだそうだ。
あたかも良い事尽くめのようなサービスのようであるが、勿論短所も有る。
クロメコメール便の短所としては[保障がない]と云う事があげれる。
基本中の基本的に郵便の時では[記録の残るもの]を保障の対象としている。
郵便法第50条によると、書留や郵便小包以外の一般郵便にかんしては、紛失時の保障を求める事が出きないのだと云う。
これは郵便法第50条でこういった具合に規定されているためなのだ。
他方クロネコメール便の時では、運賃の範囲内では有るが紛失時の保障が為されている。
[運賃の範囲内で補償されている]と云うのは、[記録が残らない]一般郵便に対してでも、クロネコメール便のケースの場合は、宅配便と同じように問い合わせナンバーが在る。
つまり依頼日、受付時間等の記録が、クロネコヤマト運輸のデータベース上に残っているので保障が可能に為っているのだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






結婚情報サービスで出会う