修正テープの仕組みとはがし方 修正テープの構造とメカニズム

修正テープの仕組みとはがし方について

修正テープ

文房具のうち修正テープとは、企業のオフィスや学校等でなくてはならない実在になってきた。
これを使用すれば、ボールペン等消しゴムで消す事が不可能な筆記用具で記述した文字でもシンプルに綺麗に消す事が出きる。
本当に、この修正テープを発案した人はすごいアイデアマンだ。
私が調べたところ、修正テープは1989年に日本のメーカーで、シードと云う会社が開発したようだ。
シードと云う会社はこのとき特許も取得している為、世界中で使用される修正テープの特許権使用料がこの会社に、とおもうとこれは本当にものすごい発明だ。


スポンサードリンク

修正テープのはがし方について

修正テープ

修正テープのはがし方であるが、ハンドクリームを塗布するとはがれやすくなる。
また、修正テープの部分にセロハンテープをくっつけて、少し爪でこすった後に、はがすと綺麗にはがれる。
あと、修正テープのはがし方として、砂消しゴムでこすってはがす人もいるようだが、私は爪で削ってはがしてしまう。
爪で削ると汚くなるので注意が必要である・・・・・・。


近頃の修正テープの構造とメカニズムについて

ところで、この修正テープであるが、近頃では相当多種多様な構造とメカニズムのものが発売されており、各々に試行錯誤が凝らされるようになってきている。
修正テープの当初は、テープの太さは一定のものしか実在しなかったが、いまでは4mm、5mm、6mmと云ったように、自身の好みに合った構造の修正テープを選択して購入する事が可能に為っている。
この事は、文章の消去したい部分だけでなく、上下の余分な文字まで消去してしまう事が多かった修正テープの構造上の短所を鎮撫するための方法だったのであろう。
また修正テープの中でも、形状をペンのように細長くしてあるタイプの製品だと、あたかも改善ペンのような感覚で握れ、必須な部分だけ改善出きるメカニズムに為っている。
更に近頃では、環境に配慮して中身の詰め替えが実行出きるようなメカニズムの修正テープも当たり前になってきた。
近頃では、一見すると修正テープとはおもえないスタイリッシュなメカニズムの製品も出現してきた。
例を挙げるとぺんてるのフレンチポップと云う修正テープは、一見するとちっぽけなメディシンケースとか、ターボライターのようなメカニズムの製品だ。
いかにも仕事ができそうなキャリアウーマンがバッグに忍ばせているとおもうかも知れない。

修正テープの仕組み、住友スリーエムの[微改善]について

修正テープと云うと、1文字だけ消去したい時に、余分なテープが切れてはがれ落ちてしまい、必要のない文字まで消失してしまったりと云うおぼえはないだろうか?
仕組みとして、透明なベースのテープに弱い粘着力でくっついている修正テープの素材を紙に押し付けて定着させると云うものが一般的な為、この粘着力の微妙なアレンジで扱いやすくなったり扱いにくくなったりする。
こういった粘着力のアレンジが相当上手くいってるとおもえるものとして、個人的にお勧めな製品が、住友スリーエムの[微改善]と云う製品で、これは1文字単位でも、正確に自身のおもった部分だけ消す事が出きる優れた物だ。
既に修正テープの使い易さは仕事の効率に直結するほどであるから、是が非でも1度使用してみて欲しい。
とはいえ、1番大事な事は修正テープを使用する必要がないように、初めから文字を書き間ちがえない事だ。
常日頃から印刷等をする前に、もう1度改善する習性をつけておくのがベターだろう。

 

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






結婚情報サービスで出会う