<ベースパックと旭化成>ベースパックの基礎となる標準図CADデータの事、価格表と認定書など

ベースパックと旭化成について

ベースパック

ベースパックとは、建物の建築時にうまく利用される工法の1つだ。
相次ぐ地震や台風等の天災、そして耐震偽装疑惑等の社会問題の影響により、建物の安全性に対する国民の関心が、現時点では恐いほどに高まっている。
もっと安全に、そして災害につよい建物に住みたいと、何人もがつよくおもっている表われだろう。
ベースパック工法とは、そのような国民のささやかな願いを叶えてくれて、懸念を改善してくれる工法として、近頃注目されているのだ。
ついでに、ベースパック工法とは、旭化成建材がほどこしている工法だ。
露出形式の柱脚工法の事で、固定度や耐震性のレベルの高さが大きなセールスポイントに為っている。
具体的には、メインの部材であるアンカーボルトを所定の部分に設置し、ベースプレートに高強度無萎縮モルタル(ベースバックグラウト)を注入座金を介して注入する事で固定させる方法が、ベースパックと云われる工法だ。
ベースパックは旭化成建材が超有名だが、他にも岡部鰍竦ト藤工業もほどこしているようだ。


スポンサードリンク

ベースパック工法と阪神・淡路大震災での成果について

ベースパック

このベースパック工法で建築された建物は、高い耐震性だけでなく、他にも多種多様な長所が有る。
ベースパック工法の長所としては、まずコストパフォーマンスに優れている事が挙げられる。
なぜなら、基礎となる根きりの深さを浅くする事で掘削等の経費が低減出きるし、更に工期も大幅に短縮する事が可能に為っているからだ。
更に、基本中の基本となる仕様があらかじめ決定されている為、柱のサイズや鋼の種類に合わせた柱脚を設計する手間が省けるのだ。
このベースパックと云う工法が世間に知れ渡るようになったのは、阪神・淡路大震災の時の成果だ。
この大きな被害を出したの阪神・淡路大震災に於いて、震度7の[激震]を記録した地域に立てられていたベースパック工法の建物293棟は、なんと1つも異常や被害を出さなかったのだ。
この成果により、ベースパックは一気に耐震性に優れた工法として注目を集めるように成ったと云うわけだ。


ベースパックの基礎となる標準図CADデータや価格表、認定書、資料請求について

ベースパック工法は、柱のサイズ等に拠って何種類かのタイプに分類されている。
小中口径対応の[T型]・[U型]・[円形]、中大口径対応の[fx3]・[s3]と云う種類がある。
他にも、[h型鋼用]と云ったベースパックのタイプも有る。
柱脚は建築物の文字通り[柱]となる部分で在り、そこに生活する人々の生命を守る部分でも有る。
やっぱり旭化成では[絶対に壊れてはならない]事をモットーにして、ベースパック工法をうまく利用して開発を行っていると云うわけだ。
これからの日本でも、耐震性に対する関心がいよいよ高まっていく事だろう。
ここに居住していれば安心、そうおもえるような家、もしくは職場でありたいものだ。
これからもベースパックの高度な重要性がいよいよ注目を集めるように成るはずだ。
更に、近頃ではうまく利用した住居を購入したケースの場合、金利を優遇する[ベースパック住宅ローン]と云うサービスを、みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行が扱っているようだ。
これからマイホームを購入しようと考慮している人は、是が非でも[ベースパック住宅ローン]を吟味(ぎんみ)されてはどうだろうか。
ついでに、ベースパックの基礎となる標準図CADデータや価格表、認定書等はホームページからダウンロード出きる。これ以外資料請求も出きる。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






結婚情報サービスで出会う