<SONY 液晶テレビ>SONYの液晶テレビBRAVIAとシャープのAQUOS(アクオス)の比較

SONY 液晶テレビにかんして

SONY,液晶テレビ

SONYの液晶テレビであるBRAVIA(ブラビア)は、いま家電市場で1番売れている液晶テレビの1つだろう。
BRAVIAとは、[Best Resolution Audio Visual Integrated Architecture]の頭文字が組合わせられたネーミングだ。
BRAVIAは、2005年8月に以前からSONYの経営不振のメインの原因であったSONY液晶テレビWEGAのブランドを変更したものだ。
このSONYの液晶テレビであるBRAVIAは、[感動には、色がある]、[Color is Magic]と云ったキャッチコピーで大々的に売り出されたのだ。
この発売当初のSONYは、年末商戦までの短期間で液晶テレビの供給体制をアレンジする事に懸念があったようが、韓国サムソン電子との合弁会社S-LCDで生産する液晶パネルと液晶モジュールをうまく利用する事でその懸念を改善したと云う。
この結果、2005年の年末商戦でSONYの液晶テレビBRAVIAは大成就を収める事ができ、ライバルであるシャープのAQUOS(アクオス)のシェアを圧迫するまでに売り上げを回復させたのだ。


スポンサードリンク

SONYの液晶テレビBRAVIAとシャープのAQUOS(アクオス)の比較について

SONY,液晶テレビ

しかしながら、依然として日本国内では[液晶テレビ=シャープ]であると云うイメージがつよいのと比較して、海外に於いてはSONYブランドの液晶テレビの知名度の方が高くなっており、2006年に於いて液晶テレビの世界シェアの第1位はSONYと為っていた。
だが、シャープの液晶テレビの[亀山モデル]に対抗して、SONYでは[稲沢モデル]と称したり、ワンセグ携帯で一躍脚光を浴びたAQUOSケータイに対抗してBRAVIAケータイを発表したりする等、SONYでは未だにシャープのアクオスを比較対象にしていると考慮される。
ついでに、SONYのWEGA時代に実在したプラズマテレビのラインナップはブラビアブランドになってからは扱っていない。
SONYの液晶テレビであるBRAVIA(ブラビア)で一番特徴点と云えるのが、ブラビアエンジンと云えるだろう。
このブラビアエンジンと云うのは、初期型モデルから搭載している為、他の色に影響をあたえる事なく特定の色(緑、青、白)を鮮やかに表現する事が出きる以外に、MPEGノイズリダクションやベストなコントラスト釣り合いを自動で検出すると云うコントラストエンハンサーと云った最先端の機能を実装しているものだ。
このブラビアエンジンは、常に細かいバージョンアップがくりかえされ、SONYが液晶テレビの雄として君臨する一因と為っている。


SONY液晶テレビの一覧と価格、新製品について

SONYの液晶テレビであるBRAVIA(ブラビア)には5つのシリーズが実在し、多種多様な需要に対応しているのも評価の高いところだろう。。
まず、SONYの液晶テレビであるBRAVIA(ブラビア)のフラッグシップモデルとも云える最高スペックを搭載したX5000シリーズがある。
これはモーションフロー等最先端の技術を取り入れたり、受注生産にはなるが70インチの超大型の液晶テレビも揃っている。
次に、X5000シリーズとはデザインとスピーカーの仕様がちがうだけのW5000シリーズがある。SONYの液晶テレビBRAVIAのW5000シリーズは、X5000シリーズに比べ若干コンパクトに為っている。
デザイン重要視とも云えるSONYの液晶テレビであるBRAVIAのF1シリーズは、今までモデルよりも更に細くなったフレームを採用しており、相当の薄型化に成就している。
またV1シリーズは大画面の普及モデルで在り、上位機種からオミットされた機能も有るが倍速駆動等にも対応している。
J1シリーズはエントリーモデルだけあって、相当シンプルに求める事が出きる。
更に、M1シリーズには、SONYの液晶テレビ・ブラビア初の小型16V型がラインナップされている。

 

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






結婚情報サービスで出会う