<ゴアテックスとは?>ゴアテックスの洗濯方法と手入れや防水スプレー

ゴアテックスにかんして

ゴアテックス,レイン

ゴアテックスとは、防水透湿性素材の商標名で在り、アルファベットではGore-Texと記述し、アメリカのWLゴア&アソシエイツ社が製造、販売をしている。
ゴアテックスは、レインコートのようなレインウェア、靴、雨具、シューズ、テント等にうまく利用されている。
ゴアテックスの素材は、ポリテトラフルオロエチレンを延伸加工して作成したフィルムと、ポリウレタンポリマーを複合化した合成素材だ。
ゴアテックスは、1平方センチメートルに約14億個の微細な孔を所有していると云う恐るべき防水透湿素材なのだ。
把握できやすく記述すると、人間の肉眼ではみえない実にちっぽけな穴が在り、この穴は水の粒子より小さいので水は通さないが、水蒸気の粒子よりは大きいので水蒸気は通すと云う性質を所有しているのがゴアテックスと云うわけだ。
このおかげで、高機能な防水性と透湿性を両立させているのがゴアテックスなのだ。
シンプルに云えば、ゴアテックスとは、雨は通さないが水蒸気は通す優れた機能を所有した素材なのだ。
例を挙げると通常のレインコート等の時は、たとえ体が雨に濡れなくても長時間使用した時蒸れてしまい汗で体がベトベトに成るが、ゴアテックスのレインコートならば汗の蒸気を外に出してしまうのでこのような事が生じないのだ。


スポンサードリンク

ゴアテックスの3レイヤー地、レインウェアについて

ゴアテックス,レイン

ゴアテックスのレインコートと云っても、完璧にゴアテックスだけでレインコートを作成するのではなく、通常はナイロン生地等の間に挟む感覚でうまく利用されている。
このケースの場合、ナイロン生地の撥水能力が落ちて、水の膜が出きてしまうと、ゴアテックスの微細な孔がふさがれる為、水蒸気が通れなくなり蒸れてしまうので注意が必要だ。
ゴアテックス素材のうち、3レイヤー地の時は耐水圧は45000mm以上も在り、透湿性は13500g/m2/24hrsもある。これは雨だけではなく、風も通さない優れものだ。
ゴアテックスは、何もレインコートのようなレインウェアだけではなくウインドブレーカーとしても着用されている。
今から遡る事1976年に、アメリカの大手アウトドアメーカーEarly Wintersのテントに採用されたのがゴアテックスの始まりだ。
それ以来、アウトドア用品を中心に、このゴアテックスの能力が注目を集め、いまでは相当の用品に採用されている。
勿論、アウトドア用品に限らずレインコート等のレインウェアも、ゴアテックスの主力販売品だ。


ゴアテックスの洗濯方法と手入れや防水スプレーについて

あらゆるゴアテックスの製品には、厳しい品質基準に合格して作成された事を保証する黒いタグが付けられているはずだ。
アウトドア製品に詳しい人ならば、このタグには、ゴアテックスXCRやゴアテックスPacLite等の多種多様な種類がある事を気付いている人もいるだろう。
これは一口にゴアテックスと云っても全部の品質が同じじゃない事を意味しているのだ。
ゴアテックスに類似した製品で、日本のアウトドアメーカーが独自に開発したドライテックと云うものがあるが、これの性能はゴアテックスと比較したら明白に劣っている事が把握出きる。
まあ、よほど過酷な環境でも無い限り、ドライテックでも充分な性能ではあるが・・・・・・。
また、ドライテック以外にも、ミクロテックスやエントラント等防水透湿性素材はたくさんあるが、これらと比較してもやっぱり最高性能を誇っているのは現時点でゴアテックスである事は間ちがいない。
但し、ゴアテックスは値段も1番高いのが難点だが。
次に、ゴアテックスの洗濯方法と手入れや防水スプレーにかんして案内しよう。
まず、多種多様なアウトドアメーカーが推奨していると云うNIKWAX(ニクワックス)と云う防水グッズがある。
NIKWAX(ニクワックス)には、防水スプレーだけではなく洗濯機で防水加工出きるテックウォッシュと云う製品もある。
このNIKWAXのテックウォッシュを使いゴアテックスを洗濯機で洗濯する。
ただ、注意点として、脱水機に入れるとゴアテックスの生地が痛むので脱水はせず水が滴る状態で陰干しにする。
乾いたら、NIKWAXの防水スプレーを生地に振り掛ける。
私のケースの場合、この手入れ方法でゴアテックスの防水透湿性をキープする事が出きている為、1度試してみてはどうだろうか。

 

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E9%98%B2%E6%B0%B4&tbm=blg&output=rss&num=50






結婚情報サービスで出会う