クランプメーターの原理と使い方、クランプメーターの漏電や測定方法等

クランプメーターの原理と使い方について

クランプメーター

私は、近頃クランプメーターと云うものに途方もなく興味を所有しているのだが、皆さんはクランプメーターを使用した事があるだろうか。
クランプメーターとは、回路に流れている電流の量を測定する装置の事だ。
通常の電気テスターの使い方としては、回路に端子を接触させたり接続させたりしないといけない為、ケースに拠っては一旦スイッチを切らないといけなかったり、回路自体を変更しなくてはいけなかったりするのでたいへん面倒だ。
運用されている回路に流れている電流の量を図る事は、現実たいへんな事だった。
他方、クランプメーターの使い方としては、回路を構成する電線の1部を測定部ではさみ込むようにする事で、現実に回路に接触させなくても電流の量を図る事が出きるのでべんりな測定機器なのだ。
つまり、クランプメーターのケースの場合、回路を切断したり変更したりする事なく、電流の測定を実践する事が出きるのだ。


スポンサードリンク

クランプメーターの原理と逆向き電流について

クランプメーター

クランプメーターのケースの場合、通常の電気テスターのように、逆接続してぶっ壊れる事もない。
クランプメーターの原理ならば、例を挙げると、車のバッテリー等のように充電状態のときと放電状態のときで流れる電流が逆転するような回路のケースのような、いったいどちら向きに電流が流れているか不明な時でもうまく利用する事が可能なのだ。
クランプメーターのケースの場合、逆向きに電流が流れている時はマイナスで表示される原理であるため把握できやすいのだ。
また、直接回路に接触する事がない為、大電流が流れるような回路の電流測定も安全に実践する事が出きるし、電流の量が不定と云う時にもうまく利用が出きる。
このクランプメーターの原理と云うのは、実は意外とシンプルなのだ。
電線に電流を流すと、その周りに磁場が造られると云うのは中学校や高校生の時に物理の授業で学習したとおもわれるが、クランプメーターの測定部分に当たる磁場を測定する事により、逆に電流を測定すると云うのがクランプメーターなのだ。


クランプメーターと漏電や測定方法について

クランプメーターをうまく利用する事で、通常の電線を流れる電流を測定する事も可能に成るし、リーク電流と云われる漏電している電流を測定する事も可能に成る。
いずれにしても、既存の電気テスターとちがい、クランプメーターならば接続によりぶっ壊れたりする事がないので途方もなく安心感がある。
但し、クランプメーターの測定方法は、電線の周りの磁場を測定する事で間接的に電流の量をはかる測定方法である為、性質上、あまりおおくはない電流を図る事は難しくなると云うデメリットもある。
勿論、クランプメーターには測定出きる電流の量に応じて多種多様なサイズのものが有るが、それでも限界が有るようだ。
このような時には、クランプメーターで測定出きる電流を更に細かく分類する治具を使用するのだ。
クランプメーターに治具を使用すると云っても、このようなにむずかしいものじゃない。
この治具は、回路の中にシンプルなコイルをはさみ込む事に拠って、そのコイルをクランプする事で測定量を倍増させるものだ。
コイルを10回ほど巻けば、測定量を10倍にする事が出きる為、通常よりも10倍の精度で測定出きると云う事に成るわけだ。
以上が、クランプメーターにかんしてであるが、もし私と同じようにクランプメーターに興味を所有した人がいたら、楽天等の大手通販店で検索してみてはどうだろうか。
参照事項として、クランプメーターの評判メーカーは、横河電機、日置(HIOKI)、National、三和の順だ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






結婚情報サービスで出会う