岡山ビジネスホテルの口コミ 岡山ビジネスホテルの料金相場

岡山ビジネスホテルというとアークホテル岡山や岡山ロイヤルホテル、東横インなどが有名

岡山,ビジネスホテル

岡山ビジネスホテルというとアークホテル岡山や岡山ロイヤルホテル、東横インなどが有名なビジネスホテルである。
まず、岡山のビジネスホテルというのは、岡山県を大きく4つの地域に分けて考えるとたいへん分かりやすくなる。
つまり、岡山県に用事のある人の行き先は大きく4つに分けられると言う事である。
それでは岡山県を4つに分割してみると良い。

 

岡山市(玉野、牛窓も包含する)
倉敷市(総社も包含する)
高梁市、新見市
津山市、蒜山市

 

以上の4エリアに分けて考えよう。
それでは岡山のビジネスホテル事情、まず最初は岡山市エリアから閲覧すると良い。


スポンサードリンク

岡山のビジネスホテルの口コミ→岡山市、倉敷市、料金相場

岡山,ビジネスホテル

岡山市というのは、言わずと知れた岡山県の県庁所在地であり、岡山県の中心地である。
山陽新幹線が通っているという立地条件良いし、瀬戸大橋によってそこから四国に入ることもできるという交通の要衝でもあるので、ビジネス目的で岡山を訪問する人は相当数いる。
岡山市内のビジネスホテルを閲覧すると、料金相場はおおよそ1万円前後である。
やっぱり岡山市のような中心都市のビジネスホテルともなると、これくらいの料金になるのだ。
私は大阪在住なので、大阪から岡山への出張というと日帰りが基本中の基本であるから、この料金が高いと実感できるが、もっと遠方からの出張であればこれくらいの料金が妥当なのかも知れない。
次に岡山県倉敷市のビジネスホテルである。倉敷市は昔からクラボウの発祥地として知られ、いわゆる糸へん産業が盛んな地域だった。
クラボウのクラは倉敷のクラと言う事を見てもそれは一目瞭然だと思う。
現在でも関連企業やその工場が気のせいか多く、出張で倉敷市を訪問する人も少なくないと思う。
また、倉敷市にはたいへん有名な美観地区と称される地域も有る。
これは古い町並みをそのまま現存させて再現している地域であり、その中核施設として世界的に本当に有名な大原美術館が有る。
そんな倉敷市を訪れるケースの場合は岡山市内のビジネスホテルを利用するか、ここ倉敷市内のビジネスホテルのお世話になることになる。
この場合の利用料金やホテルの方向性という意味では、純粋なビジネスホテルと観光客向けの観光ホテルとでは大きく異なる。
おおむねビジネスホテルとして営業しているところの料金は安く、観光ホテルとして営業しているところの料金は高いというパターンが多い。
岡山でビジネス目的で利用するケースの場合は、ビジネスホテルに比較すると観光ホテルの方がやや安めで5000から9000円レベルである。


岡山ビジネスホテルの口コミ→高梁市と津山市、料金相場

岡山,ビジネスホテル

最後に、高梁市と津山市のビジネスホテルを見てみよう。
高梁エリアにはゴルフ場があり、ゴルフ接待などに関係したビジネス出張という宿泊客もビジネスホテルに訪れる。
高梁市のビジネスホテルの料金相場は、観光地の要素が力強いこともあって岡山市内のビジネスホテルよりも少し高めだ。
最後の津山市は、もはや完璧に観光地である。
岡山県津山市は、温泉郷であるので、ビジネスホテルというよりは温泉旅館の方がメインになる。
しかも津山市の温泉は質が良いとされているので、観光旅館の料金も若干高めに設定されている。

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 


旅行と交通の記事一覧